探偵の仕事
探偵は依頼人から依頼のあった事象に対して調査を行う仕事です。
そして、その調査報告を依頼人に行うことがおもな仕事内容になります。

大雑把に探偵の仕事を説明するとこのような表現になってしまいますが、これは世界共通でそうなのか?と聞かれると近いが、違いもある。と曖昧な答えになると思います。

その理由として、探偵という調査をすることが業務の仕事では、国ごとに法律など規制がされているところあれば規制が行き届いていないところもあるという点と、情報に対して取り組み方が違っていることもあり、探偵の仕事内容も変化すると言えるのです。

そもそも、日本と海外では個人情報など、情報に関しての重要性の認識が希薄であり、ここ最近になって情報の重要性が一般にも浸透してきたといった背景があるように、探偵業界、探偵という職業の枠組みに関しても取り組みが遅かったといえます。

そして2007年にやっと探偵業法といわれる探偵の業務に関する法律が施行されたことによって、法的に探偵の調査業務が正されるようになりました。

日本ではあまり知られていない海外の探偵の仕事としては、要人警護などがあります。これはアメリカなどでは普通に行われていることで、銃があることが当然のアメリカでは警護をする探偵も銃を所持していることがあります。
ただ、これらの警護にはライセンスのようなものが必要になるので、活動する州ごとに登録する必要があるようです。

日本でも警護をする探偵事務所はありますが、武装をしておこなうことは禁止されており、最低限の装備で警護するといったもののようです。